日本最初盲唖院開学地(にほんさいしょのもうあいんそうけんのち) - 京都の観光情報:丸竹夷|京都の寺社仏閣、京都のイベント情報


日本最初盲唖院開学地(にほんさいしょのもうあいんそうけんのち)

日本最初盲唖院開学地

東洞院御池にある日本最初盲唖院開学地(にほんさいしょのもうあいんそうけんのち)の石碑です。

ハートンホテルの向かいにあるので、仕事で京都に来られた方は目にしたことがあるかもしれません。

明治11年5月にこの地を仮校舎として盲唖院が開校され、大正14年まで人件費以外は,すべて寄附金に頼り,府市民や皇族の慈善により維持されたそうです。

連絡先

京都市中京区東洞院通押小路下る東側


日本最初盲唖院開学地の地図

最近の「日本最初盲唖院開学地」を含むつぶやき