姉小路通(あねやこうじどおり)|京都の観光情報:丸竹夷|京都の寺社仏閣、京都のイベント情報


姉小路通

平安京の姉小路にあたり、東は木屋町通りから西は佐井通りに至る全長約3.5Kmの通りです。三条通の一つ北側を走る姉小路通は、平安時代に成立した通りですが、通りなの由来はわかりません。江戸時代に開発が進み、現在のような市街地を形成し始めました。

最近の「姉小路」を含むつぶやき

2021-02-28 19:04:58 [こんなBASARA武将はいやだ(´Д`)]
【こんな姉小路はいやだ】竹しか食べない
2021-02-28 18:57:42 [新デスノゲbot]
姉小路「だから言ってんだろ。俺中立なんて超優良物件やぞ」 やぐよし→【捜査本部】「姉小路→やぐよし「おら、自称優良物件がお出ましだこのやろう、」」 姉小路→【捜査本部】「マジか、姉小路味方につけっぞ」 やぐよし→【捜査本部】「くっそwwwwwwお前味方だったwwwwwwwwww」
2021-02-28 16:59:54 [畑 耕作]
.....なん........だと......? あ、姉小路、乳房!? #耕作bot
2021-02-28 16:25:07 [成山和尚]
ウマ娘、ハルウララも頑張れば勝つことができるんだね。そらそうか、信長の野望でも蠣崎や伊東や姉小路でも頑張れば勝て、勝て……勝てるんかなあ?(ヽ´ω`)
2021-02-28 15:45:21 [C汰@落書き生産機]
RT @Carr0w0: @hare_ame_TL #ハレにアメ_パートナー成立 2人同時で申し訳ありません〜! 拙宅 姉小路マリアはにわきちさん宅の鈴音ちゃんと! 同じく九重爽太はひなさん宅の陽くんとパートナー組ませていただきました〜! よろしくお願いします〜!!☀️☔️🥐…
2021-02-28 14:59:53 [新デスノゲbot]
やぐよし→【霊界】「姉!! 信じてるぞ!!」 姉小路→【独り言】「ああ、ああ、聞こえるぞ。やぐよしボイスが聞こえる」 やぐよし→【霊界】「姉! ちょくだ! ちょくを書け!」 姉小路→【独り言】「任せろよやぐよし、あいつだな?あいつ書けばいいんだな?」 ナナ→【霊界】「フリ長えよ」
2021-02-28 13:36:28 [森島なおてる]
京都の中京区に御池通があり、その通りから南に向かって順に、姉小路→三条通→六角通→蛸薬師通→錦通→四条通、となります。頭の漢字をひとづつつないで、姉三六角蛸錦といいます。「姉三六角蛸錦 祇園ばやしがコンチキチン コンコンチキチン コンチキチン ・・・・」と歌になってます。
2021-02-28 10:25:13 [46SYU2]
姉小路公知暗殺については、司馬遼太郎の短編集『幕末』に収録されている「猿ヶ辻の血闘」が面白い https://t.co/eqFoGUCrpx
2021-02-28 10:03:50 [武田信勝]
天正元年(1573年)9月29日、父は離反した飛騨姉小路自綱の討伐を表明。この書状は「信玄・勝頼」の連署状となっており、病気による家督相続主張に腐心していた様子が伺えます。父は10月4日にも同様の形式で越中勝興寺に書状を送り越後出陣遅延はあくまで信玄病気によるものと伝えました。
2021-02-28 09:31:18 [bsr妄想吐き出し機6]
姉小路「森が騒がしい…」直江「俺は無敵の主人公っ!その名も、」姉小路「直江兼続、だろう」直江「な、何故俺の名前を知っているっ!も…もしや俺もとうとう有名人に…!」姉小路「森の鳥から聞いた…氷で閉ざされた地で生きる、一人の武士だ、と」直江「どこの地に居ようと俺は絶対無敵!行くぞ!」
2021-02-28 09:30:49 [駄目地方領主bot]
@姉小路 ならまずは霧に迷わないようにしろ RT @宇都宮 俺も海賊になりたい!
2021-02-28 09:19:21 [駄目地方領主bot]
@姉小路 燃やす RT @尼子 やめて RT @姉小路 燃やす RT @尼子 ブッフォwwwwwwwwwwwwww RT @姉小路 垢間違えたしにたい RT @佐竹 よ、頼綱さん……、??? RT @姉小路 火矢たのちぃ↑↑↑
2021-02-28 09:04:24 [武田信勝]
天正元年(1573年)9月21日、本願寺顕如が祖父と父に宛てて書状を送り、父の家督相続を祝しています。顕如室は信玄公正室の妹という関係から「信玄」の名前で書状を送るのが都合よかったのです。この頃、飛騨の姉小路自綱が武田氏を離反し、父は9月29日に飛騨出陣の意向を示しました。
2021-02-28 09:00:46 [麻弥]
姉小路さん………………………………………………………………
2021-02-28 09:00:03 [麻弥]
ア……………………姉小路さん………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………