万寿寺通(まんじゅじどおり)|京都の観光情報:丸竹夷|京都の寺社仏閣、京都のイベント情報


万寿寺通

万寿寺通は、京都市内の東西の通りの一つで 平安京の樋口小路にあたります。松原通と五条通の間を走る通りです。

最近の「万寿寺」を含むつぶやき

2021-05-10 09:45:55 [※占マジ垢@出直して来い!]
【京都五山】 五山の制のうち京都の寺/足利義満が五山から今日と五山を分割/禅宗/高位から、天龍寺・相国寺・建仁寺・東福寺・万寿寺/南禅寺は別格/ #文系
2021-05-09 02:57:48 [よーいどんbot]
京都五山五位の万寿寺には山号がないみたいです。臨済宗。里内裏の六条内裏内に建てられた六条御堂を、覚空と湛照の2人が禅宗に改め万寿寺と改称したのが始まり。現在非公開
2021-05-08 13:23:12 [可怜小汀]
RT @iokhicjnoakn: 今日は懐良親王の忌日(弘和3年3月27日=1383年5月8日)とされるが、その根拠である「万寿寺過去帳」は現存が確認できない謎の史料だ。最初に見出したのは柳川藩の牧園茅山。茅山は文化13年4月藩内の旧家で「万寿寺所蔵旧記」を示され、文書の出所…
2021-05-08 07:09:09 [もちぶつ(望月信亨等編『仏教大辞典』)bot]
高峯顕日は後嵯峨天皇の皇子にして、弁円(円爾)、(兀庵)普寧等に参じ、下野雲厳寺を創め、後、無学祖元に従って嗣法し、浄智、万寿寺等を領して盛に法席を張り、徒衆常に三五百人を越え、当時南浦紹明と共に二甘露門と称せらる。会下に夢窓疎石、可翁妙悦、太平妙準等の英傑あり。
2021-05-08 03:57:59 [よーいどんbot]
京都五山五位の万寿寺には山号がないみたいです。臨済宗。里内裏の六条内裏内に建てられた六条御堂を、覚空と湛照の2人が禅宗に改め万寿寺と改称したのが始まり。現在非公開
2021-05-07 20:55:58 [一罐寡言]
@badcheesegirl 万寿寺
2021-05-07 09:39:08 [もちぶつ(望月信亨等編『仏教大辞典』)bot]
栄西以来臨済の禅風本邦に伝来し、主として武門の帰向する所となり、南禅、天龍、相国、建仁、東福、万寿寺等の京都五山、建長、円覚、寿福、浄智、浄明寺等の鎌倉五山を始め、諸大刹の建立を見、鎌倉時代以後、室町時代に亙りて其の法道興隆し、実に天下を風靡するの概あり。
2021-05-07 05:39:06 [もちぶつ(望月信亨等編『仏教大辞典』)bot]
高峯顕日は後嵯峨天皇の皇子にして、弁円(円爾)、(兀庵)普寧等に参じ、下野雲厳寺を創め、後、無学祖元に従って嗣法し、浄智、万寿寺等を領して盛に法席を張り、徒衆常に三五百人を越え、当時南浦紹明と共に二甘露門と称せらる。会下に夢窓疎石、可翁妙悦、太平妙準等の英傑あり。
2021-05-06 08:29:49 [よーいどんbot]
京都五山五位の万寿寺には山号がないみたいです。臨済宗。里内裏の六条内裏内に建てられた六条御堂を、覚空と湛照の2人が禅宗に改め万寿寺と改称したのが始まり。現在非公開
2021-05-04 23:29:24 [よーいどんbot]
京都五山五位の万寿寺には山号がないみたいです。臨済宗。里内裏の六条内裏内に建てられた六条御堂を、覚空と湛照の2人が禅宗に改め万寿寺と改称したのが始まり。現在非公開
2021-05-04 13:09:44 [もちぶつ(望月信亨等編『仏教大辞典』)bot]
高峯顕日は後嵯峨天皇の皇子にして、弁円(円爾)、(兀庵)普寧等に参じ、下野雲厳寺を創め、後、無学祖元に従って嗣法し、浄智、万寿寺等を領して盛に法席を張り、徒衆常に三五百人を越え、当時南浦紹明と共に二甘露門と称せらる。会下に夢窓疎石、可翁妙悦、太平妙準等の英傑あり。
2021-05-03 21:59:33 [よーいどんbot]
京都五山五位の万寿寺には山号がないみたいです。臨済宗。里内裏の六条内裏内に建てられた六条御堂を、覚空と湛照の2人が禅宗に改め万寿寺と改称したのが始まり。現在非公開