油小路通(あぶらのこうじどおり)|京都の観光情報:丸竹夷|京都の寺社仏閣、京都のイベント情報


油小路通

油小路は、平安京の油小路にあたります。北は竹殿南通から南は府道中山稲荷線に至る、全長約9.2Kmの通りです。通り名の由来についてはよくわかりませんが、10世紀頃にはその名が成立したものと考えられています。京都では最も多い十数藩の京屋敷が油小路に沿って並んでいました。

最近の「油小路」を含むつぶやき

2019-11-14 10:16:06 [京都 ゆう動物病院]
病院の少し南の油小路通り沿い西側に、大き目のコインパーキングができましたが、現在提携ができずサービスコインの提供ができません。検討して頂いておりますが、今のところは従来の場所のみですので、お気を付け下さい。
2019-11-14 08:43:14 [惑星予算]
RT @coolvibes5: 明朝、油小路で待ってるね♡ #贔屓との交際を匂わせる女 https://t.co/gUJ0r06vnQ
2019-11-14 07:52:38 [幕末~激闘 そして激動~]
近江屋事件から3日後の慶応3年11月18日、伊東は近藤に呼ばれ妾宅にて接待を受ける。 酔わされた伊東は、帰途にあった油小路の本光寺門前にて新選組隊士の大石鍬次郎ら数名により暗殺された(油小路事件)。 享年33。 #伊東甲子太郎 https://t.co/tDg8qyjxH6
2019-11-14 07:33:10 [Reuenthal]
明朝、油小路で待ってるね♡ #贔屓との交際を匂わせる女 https://t.co/gUJ0r06vnQ
2019-11-14 00:42:30 [33/73]
RT @HighCard2018: 斉藤一/真下祐一 中村半次郎との戦いで負傷し、戦線を退いていたが会津戦線より復帰。 油小路の一件より羽織を脱ぎ新選組に身を置きながらもやや距離を取っている。 「言ったろ。俺は俺の大義で戦っている。場所は関係ない。」 #幕末群像 #胡蝶…
2019-11-13 23:59:46 [kimi]
宇治のお墓参りに母と行き、そのついでに京都まで足伸ばしてみた。 油小路の標識を見てとりあえずあーさの真似をしながらのドライブww🚗 十三詣り振り(何十年前ww💦)に来たなぁ嵐山、渡月橋☺️ https://t.co/Nm2B9F3dfB
2019-11-13 21:49:40 [金大生の飯(仮)bot]
<上る下る油小路>:もりの里三丁目 ・トンカツ定食 ¥980 ・早特御膳 ¥750 山側環状線沿いのトンカツ屋。店主の顔写真の看板が目印。 トンカツや揚げ物などのメニューが充実。 店主のおじいさんが自家製農園で育てた野菜が新鮮でおいしい。 Abura_no_Koji
2019-11-13 19:59:01 [ライカ⚡️]
楓士雄の、行くだろ!?が見たくてザワ見る。あの流れすっごく綺麗で、というかザワは本当に気持ちよく流れ、あーさの油小路だ!の後に謎のシーンが入った壬生義士は…となるなど、いや壬生義士好きだけど。
2019-11-13 17:12:05 [ちなっクス@スヤァ…]
油小路…モンストの世界でも起きていたんだ…。 すっごい詳しい解説ありがとうございます…。
2019-11-13 12:53:58 [パパメイアン&ビルゴ]
今日は、通崎さんのコンサート。 コンサートの前に油小路おおみさんでランチ☀️🍴 かますの焼きびたしが最高に美味しかった。 お味噌汁も具だくさんで優しい味でほっこり。 もちろん鮪の漬けは鉄板の美味しさ。 写真は? ひたすらおいしくいただいたので撮ってません(^^; #油小路おおみ
2019-11-13 12:05:46 [新撰組!台詞集]
『悪いがこの先は俺に任せてもらう。』(土方歳三・山本耕史)第43話「決戦、油小路」
2019-11-13 11:03:31 [沖田総司]
「油小路に横たわった伊東の死骸は、近藤と土方と沖田の三人の手で四つ角の中央へ運ばれた(新撰組永倉新八)」とするのだが、総司には休息所にいた形跡がなく、『浪士文久報国記事』にはそのような記述はない。 沖田総司伝私記より
2019-11-13 00:57:19 [ななこ]
油小路が終わったら王政復古がきてほどなく戊辰戦争が来て三樹三郎と弥兵衛君が負傷 いやだ怪我しないで
2019-11-13 00:41:12 [ななこ]
兄の死の後に急にしっかりしたように見える三郎、元々自力はあったんだろうし、その上で兄の命に守られてると思ってしまうくらい幸運に恵まれていて、油小路って推しが亡くなった事だけじゃなくて遺された人の人生まで考えてしまって泣けてくる
2019-11-12 22:03:33 [沖田総司]
「油小路に横たわった伊東の死骸は、近藤と土方と沖田の三人の手で四つ角の中央へ運ばれた(新撰組永倉新八)」とするのだが、総司には休息所にいた形跡がなく、『浪士文久報国記事』にはそのような記述はない。 沖田総司伝私記より