雨森敬太郎薬房(あまもりけいたろうやくぼう) - 京都の観光情報:丸竹夷|京都の寺社仏閣、京都のイベント情報


雨森敬太郎薬房(あまもりけいたろうやくぼう)

雨森敬太郎薬房

車屋町通二条下るにある雨森敬太郎薬房(あまもりけいたろうやくぼう)です。

江戸に御所の御典医を努めていた雨森良意が、腫れ物に効く膏薬を作り出しました。

当時は腫れ物、でき物に悩む人たちが多く、その効き目が宮中から庶民の間まで大評判になり、「無二膏」と呼ばれて人気が高まりました。製造が追いつかないほど売れたため、無二膏作りに専念することになったそうです。
それにしても、インパクトのある暖簾です!

住 所

京都市中京区 車屋町通二条下る仁王門突抜町307

連絡先

075-231-2848


雨森敬太郎薬房の地図

最近の「雨森敬太郎薬房」を含むつぶやき