妙覚寺(みょうかくじ) - 京都の観光情報:丸竹夷|京都の寺社仏閣、京都のイベント情報


妙覚寺(みょうかくじ)

妙覚寺

小川通り上御霊前東入るにある妙覚寺(みょうかくじ)です。

妙覚寺は、永和4年(1378)、妙顕寺の跡継ぎをめぐる意見の対立から妙顕寺を離れた日実上人が、信徒の小野妙覚の外護を受けて四条大宮の妙覚の邸宅に創建されたのが始まりと言われています。

大門は、聚楽第の裏門を、寛文3年(1663年)に移したものといわれており、安土桃山時代の建築である大門は、西本願寺飛雲閣、大徳寺方丈、唐門などとともに数少ない聚楽第の遺構の一つです。

見 所

本堂から眺める庭園は紅葉がたくさんあり、隠れた紅葉の名所となっています。
本能寺と並び、織田信長の洛上時の宿の一つとしてもその名を知られています。

住 所

京都市上京区上御霊前通小川東入下清蔵口町135

連絡先

075-441-2802

時間等

拝観時間:9:00-16:30

料金等

拝観料:境内無料/本堂内拝観500円


妙覚寺の地図

最近の「妙覚寺」を含むつぶやき

2019-04-26 09:19:03 [戦国武将bot]
斎藤道三(利政) 1494?~1556 京都妙覚寺の僧松波庄五郎の子。美濃の蝮の異名を持つ。美濃守護土岐氏に仕え信任を得ると、美濃守護代斎藤氏の跡を継ぎ、主君土岐頼芸を追放して美濃国を支配したが、息子義龍と対立し、長良川の戦いで戦死した。
2019-04-25 23:18:29 [目連]
妙覚寺
2019-04-25 20:37:08 [戦国武将bot]
斎藤道三(利政) 1494?~1556 京都妙覚寺の僧松波庄五郎の子。美濃の蝮の異名を持つ。美濃守護土岐氏に仕え信任を得ると、美濃守護代斎藤氏の跡を継ぎ、主君土岐頼芸を追放して美濃国を支配したが、息子義龍と対立し、長良川の戦いで戦死した。
2019-04-25 18:52:08 [はす坊]
【2019/4/13】 祥光山本妙寺(京都市左京区) 妙覚寺の旧末寺。奠師法縁。1315年、日像上人が代官渡辺氏の邸宅に建てた持仏堂を起源とする。現本堂は1728年に再建された。赤穂浪士の吉田兼亮、兼貞、貝賀友信の墓がある。… https://t.co/PzukBG08K1
2019-04-24 18:50:05 [国家鮟鱇]
「斎藤利直」美濃守護代。斎藤八郎左衛門利直(宗久、宗祐、宗雄など)。美濃・小野城主。犬山城主斎藤山城守利直入道道之(妙覚寺「17世」観照院日饒の父)。斎藤利治の父説。うーむ。
2019-04-24 18:47:44 [浦安・行徳・妙典 東京湾岸千葉情報]
RT @oniwastagram: ⛳️行徳寺町⑥。 その他「妙覚寺」の池泉庭と「法善寺」「清岸寺」の境内の和風庭園を掲載。 いずれもこじんまりしたものですが、本当に沢山のお寺さんがあるので中には立派な庭園をお持ちの所もあるんじゃないかなー。情報求む! 🔗おにわさん記事URL…
2019-04-24 18:22:58 [国家鮟鱇]
斎藤道三の息子といわれる妙覚寺十九世日饒。詳細はどうやれば調べられるんだろう?それなりに史料はあるはずだと思うんだけどネットではほとんど情報が無い。国デジ漁れば見つかるのかな?
2019-04-24 17:48:02 [国家鮟鱇]
信長と法華宗で考えると義父の斎藤道三が思い浮かびますね。具体的には京都の妙覚寺。信長の定宿にして、道三が得度した寺とも言われ、偽書説もあるけど「信長への国譲り状」を所持する寺でもある。
2019-04-24 17:36:49 [イトウマサトシ/“おにわさん”の人]
RT @oniwastagram: ⛳️行徳寺町⑥。 その他「妙覚寺」の池泉庭と「法善寺」「清岸寺」の境内の和風庭園を掲載。 いずれもこじんまりしたものですが、本当に沢山のお寺さんがあるので中には立派な庭園をお持ちの所もあるんじゃないかなー。情報求む! 🔗おにわさん記事URL…
2019-04-24 17:31:49 [庭園情報メディア『おにわさん』]
⛳️行徳寺町⑥。 その他「妙覚寺」の池泉庭と「法善寺」「清岸寺」の境内の和風庭園を掲載。 いずれもこじんまりしたものですが、本当に沢山のお寺さんがあるので中には立派な庭園をお持ちの所もあるんじゃないかなー。情報求む! 🔗おにわさ… https://t.co/nD1O6DQYi7
2019-04-24 13:31:52 [戦国武将bot]
斎藤道三(利政) 1494?~1556 京都妙覚寺の僧松波庄五郎の子。美濃の蝮の異名を持つ。美濃守護土岐氏に仕え信任を得ると、美濃守護代斎藤氏の跡を継ぎ、主君土岐頼芸を追放して美濃国を支配したが、息子義龍と対立し、長良川の戦いで戦死した。
2019-04-23 20:25:44 [たべのむらじ]
RT @okayamania1: 今日は日蓮宗不受不施派の開祖・日奥の忌日です。 江戸時代に禁教となりますが、明治時代に再興が許されます。 この時に隠れていた不受布施派の人々を再び集めるなど、再興に尽力したのが岡山の僧・日正でした。 彼は岡山市で医師の自宅を入手し、これを日…
2019-04-23 16:40:42 [立花飛驒守]
RT @okayamania1: 今日は日蓮宗不受不施派の開祖・日奥の忌日です。 江戸時代に禁教となりますが、明治時代に再興が許されます。 この時に隠れていた不受布施派の人々を再び集めるなど、再興に尽力したのが岡山の僧・日正でした。 彼は岡山市で医師の自宅を入手し、これを日…
2019-04-23 10:27:37 [山伏の哲成さん]
RT @okayamania1: 今日は日蓮宗不受不施派の開祖・日奥の忌日です。 江戸時代に禁教となりますが、明治時代に再興が許されます。 この時に隠れていた不受布施派の人々を再び集めるなど、再興に尽力したのが岡山の僧・日正でした。 彼は岡山市で医師の自宅を入手し、これを日…
2019-04-23 09:25:22 [Montra中国地方]
RT @okayamania1: 今日は日蓮宗不受不施派の開祖・日奥の忌日です。 江戸時代に禁教となりますが、明治時代に再興が許されます。 この時に隠れていた不受布施派の人々を再び集めるなど、再興に尽力したのが岡山の僧・日正でした。 彼は岡山市で医師の自宅を入手し、これを日…