中井正五郎殉難の地(なかいしょうごろう) - 京都の観光情報:丸竹夷|京都の寺社仏閣、京都のイベント情報


中井正五郎殉難の地(なかいしょうごろう)

中井正五郎殉難の地

油小路花屋町下るにある中井正五郎(なかいしょうごろう)殉難の地(天満屋跡)です。

十津川郷士中井正五郎は、上洛後に尊譲派と親交があり、坂本龍馬・中岡慎太郎を敬愛したと言われています。坂本・中岡暗殺の首謀者とみなされた紀州藩士三浦休太郎を、かつてこの地にあった旅亭天満屋で襲撃し護衛の新選組と戦ってこの地で倒れました。
この石碑は、中井正五郎殉難の地を示すものです。

住 所

京都市下京区油小路通旧花屋町下る西側 仏具屋町


中井正五郎殉難の地の地図

最近の「中井正五郎殉難の地」を含むつぶやき