橋本左内寓居跡(はしもとさないぐうきょあと) - 京都の観光情報:丸竹夷|京都の寺社仏閣、京都のイベント情報


橋本左内寓居跡(はしもとさないぐうきょあと)

橋本左内寓居跡

油小路二条下るにある橋本左内寓居跡(はしもとさないぐうきょあと)です。

橋本左内(1834-1859)は、福井藩出身で、大坂で緒方洪庵に医学洋学を学んだ後、江戸に出てさらに蘭学医学を学びました。

藩主松平春嶽に認められ藩医・御書院番・藩校学監となり、藩政改革に尽力しました。将軍継嗣問題で一橋慶喜擁立したことを罪に問われ、安政の大獄で斬首に処せられました。

住 所

京都市中京区油小路二条下る土橋町


橋本左内寓居跡の地図

最近の「橋本左内寓居跡」を含むつぶやき