吉村寅太郎寓居跡(よしむらとらたろう) - 京都の観光情報:丸竹夷|京都の寺社仏閣、京都のイベント情報


吉村寅太郎寓居跡(よしむらとらたろう)

吉村寅太郎寓居跡

木屋町三条上るにある吉村寅太郎(よしむらとらたろう)寓居跡です。

吉村寅太郎は土佐国高岡郡北川村の庄屋の家に生まれ、文久元年(1861)土佐勤王党に加盟し、翌年武市半平太の命で萩に赴き久坂玄瑞と会見しました。その後、久坂に感化されて文久2年(1862)に脱藩しました。土佐藩脱藩第一号として知られています。
文久3年(1863)明治天皇の叔父にあたる中山忠光を連れて京を抜け大和に入り天誅組を結成しました。8月18日の政変により尊攘派が中央政界から追い出され、吉野郡高見村にて自刃しました。享年27歳。

住 所

京都市中京区三条木屋町上る上大阪町


吉村寅太郎寓居跡の地図

最近の「吉村寅太郎寓居跡」を含むつぶやき

2020-03-31 07:02:51 [【近畿地方】熟女や人妻も💝オフパコセフレウラアカまとめ‼]
◆吉村寅太郎寓居跡近く 注目セフレ募集一覧 名前*sakuraさん♀(31) 職*家事手伝い 趣*アニメ鑑賞 パズドラ好きな安藤サクラ似の方も利用中 3/31 7:02に募集されたHな内容はプロフ欄URLからアクセス❤… https://t.co/qDjXAWAAKd