加賀藩邸跡(かがはんていあと) - 京都の観光情報:丸竹夷|京都の寺社仏閣、京都のイベント情報


加賀藩邸跡(かがはんていあと)

加賀藩邸跡

木屋町通御池にある加賀藩邸跡(かがはんていあと)です。

加賀藩前田家の藩邸は天明8年(1788)に焼失し、その後再築されました。加賀藩は大きな藩でありながら、幕末には自主的な活動はあまりしませんでした。前田家が徳川家と遠戚関係にあったことや藩士に政治的な感覚が乏しかったと言われています。

元治七年(1864)七月、長州藩が禁門の変を起こした時には長州藩のために協力しましたが失敗し退京することになりました。その後、藩内の勤王派はほぼ全滅しました。

住 所

京都市中京区木屋町通御池西南角


加賀藩邸跡の地図

最近の「加賀藩邸跡」を含むつぶやき

2019-01-11 10:10:42 [京都・観光文化検定studybot]
【幕末・近代の史跡】寺田屋・池田屋騒動跡碑・蛤御門・近江屋跡碑・鳥羽伏見戦跡・坂本龍馬寓居跡(海援隊屯所跡)・土佐藩邸跡・長州藩邸跡・壬生寺界隈・桂小五郎、幾松寓居跡・武市瑞山、吉村寅太郎寓居跡・佐久間象山、大村益次郎、本間精一郎遭難地碑・彦根藩邸跡・加賀藩邸跡 #kyoto