弥次喜多像(やじきたぞう) - 京都の観光情報:丸竹夷|京都の寺社仏閣、京都のイベント情報


弥次喜多像(やじきたぞう)

弥次喜多像

三条大橋の西橋詰にある弥次喜多(やじきた)の像です。

江戸からの長い道のりは三条で終わです。十返舎一九の東海道中膝栗毛に登場するお馴染みの人気者の二人が銅像となっています。
東海道の珍道中を思わせる弥次喜多の像です。
その隣には撫で石が設置されています。
これは、京都に訪れた旅人の皆様に旅の安全を願う為、新たに旅に行かれる方の安全を祈願する為に
置かれています。
京都に観光などの旅行でおこしになられている方は、石を撫でて旅の安全を祈られてはいかがでしょうか。

住 所

京都市下京区石屋町


弥次喜多像の地図

最近の「弥次喜多像」を含むつぶやき

2020-02-20 22:10:48 [京都・観光文化検定studybot]
【近世文学】奥の細道 松尾芭蕉/雨月物語 上田秋成/東海道中膝栗毛 十返舎一九(弥次喜多像 三条大橋)(西陣織 京の着だをれ の記述など)/羇旅漫録 滝沢馬琴(京のよきもの三つ 女子 加茂川の水 寺社)/南総里見八犬伝 滝沢馬琴 #kyoto