彦根藩邸跡(ひこねはんていあと) - 京都の観光情報:丸竹夷|京都の寺社仏閣、京都のイベント情報


彦根藩邸跡(ひこねはんていあと)

彦根藩邸跡

木屋町通にある彦根藩邸跡(ひこねはんていあと)です。

彦根藩主井伊家は、譜代の雄藩で度々幕政に参与していました。1858年に大老となった井伊直弼は、将軍後継問題での一橋派や尊王攘夷派志士の非難活動を押さえるため安政の大獄を起こした後に、桜田門外の変で暗殺されました。桜田門外の変の後10万石を削られれますが廃藩置県まで存続していました。この石標は彦根藩邸の跡を示すものです。

住 所

京都市中京区木屋町通三条下る二筋目

時間等

拝観時間:自由

料金等

拝観料:無料


彦根藩邸跡の地図

最近の「彦根藩邸跡」を含むつぶやき