三条東殿遺址(さんじょうひがしどのいし) - 京都の観光情報:丸竹夷|京都の寺社仏閣、京都のイベント情報


三条東殿遺址(さんじょうひがしどのいし)

三条東殿遺址

姉小路通烏丸東入るにある三条東殿遺址(さんじょうひがしどのいし)の石碑です。

ここは、白河天皇をはじめ歴代天皇が里内裏としてしばしば用いました。平治の乱勃発地としても知られており、源義朝が三条東殿を夜襲した様子が、平治物語や絵巻等によってもよく知られています。

住 所

京都市中京区姉小路通烏丸東入南側(新風館前)

連絡先

地下鉄「烏丸御池」下車


三条東殿遺址の地図

最近の「三条東殿遺址」を含むつぶやき

2019-02-15 19:06:49 [平 資盛]
【三条東殿遺址/烏丸御池下ル】現在の新風館北側に案内板と碑があります。鳥羽院と待賢門院の院御所で、後に後白河法王の院御所に。平治の乱の勃発の地で、多くの犠牲者を出しました。 ここの案内板も…… https://t.co/Ff27mZagR7