祇園祭鈴鹿山(すずかやま) - 京都の観光情報:丸竹夷|京都の寺社仏閣、京都のイベント情報


祇園祭鈴鹿山(すずかやま)

祇園祭鈴鹿山

烏丸通姉小路にある鈴鹿山(すずかやま)です。

延喜年間、伊勢の国鈴鹿山で旅人を困らせた悪鬼を退治した鈴鹿権現を女人(瀬織津姫)の姿であらわしています。
御神体は金の烏帽子をかぶり能面を付け、腰に錺太刀(かざりたち)、左手に長刀を立てて持ち、右手に扇の一種を持っています。また、金の烏帽子をかぶり能面を付け、腰に錺太刀、左手に長刀を、右手に中啓を持っています。

住 所

京都市中京区烏丸通三条上る場之町

料金等

ちまき:1000円(絵馬付き)


祇園祭鈴鹿山の地図

最近の「祇園祭鈴鹿山」を含むつぶやき

2019-01-16 08:18:25 [京都妖怪探訪@専用アカウント]
【第121回:祇園祭・鈴鹿山】祇園祭の山鉾のひとつ。祀られているのは鈴鹿権現だとされていますが、天女であるとか、「天竺四大天魔王の娘」である女魔王であるとか、さらには鬼退治の英雄・坂上田村麻呂と恋に落ちたなどの様々な伝説が残る、ミ… https://t.co/xbwbG7KBSM