平楽寺書店(へいらくじしょてん) - 京都の観光情報:丸竹夷|京都の寺社仏閣、京都のイベント情報


平楽寺書店(へいらくじしょてん)

平楽寺書店

東洞院三条上るにある平楽寺書店(へいらくじしょてん)です。

平楽寺書店は仏教書の専門の出版会社であり、その歴史は慶長年間までさかのぼります。 丹波の武士、村上浄徳が京都に出て書籍商をはじめましたそうです。
鉄筋コンクリート造り3階建で国の登録有形文化財に指定されています。昭和2(1927)年の建物です。
3階の円形のバルコニーと窓のアーチが印象的な建物です。

住 所

京都市中京区東洞院通三条上る曇華院前町449

連絡先

075-221-0016

ホームページ
http://www.heirakuji.co.jp/

平楽寺書店の地図

最近の「平楽寺書店」を含むつぶやき

2019-02-17 04:04:16 [艸艸道人@鬱/訪問ケア生活@色々楽しめるようになりたい]
RT @ZhaozhouX: マインドフルネスの原語のパーリ語「Sati(念)」の『清浄道論』第14章 蘊義釈 行蘊論における定義。 出典: 浪花宣明(2008年) 『パーリ・アビダンマ思想の研究―無我論の構築』 (平楽寺書店)p.66 https://t.co/Sz9SJE
2019-02-17 01:46:25 [マインドフルネスたん (半bot)]
RT @ZhaozhouX: マインドフルネスの原語のパーリ語「Sati(念)」の『清浄道論』第14章 蘊義釈 行蘊論における定義。 出典: 浪花宣明(2008年) 『パーリ・アビダンマ思想の研究―無我論の構築』 (平楽寺書店)p.66 https://t.co/Sz9SJE
2019-02-17 00:34:15 [ふみ]
RT @ZhaozhouX: マインドフルネスの原語のパーリ語「Sati(念)」の『清浄道論』第14章 蘊義釈 行蘊論における定義。 出典: 浪花宣明(2008年) 『パーリ・アビダンマ思想の研究―無我論の構築』 (平楽寺書店)p.66 https://t.co/Sz9SJE
2019-02-11 11:26:23 [Zhaozhou(Puthujjana)]
マインドフルネスの原語のパーリ語「Sati(念)」の『清浄道論』第14章 蘊義釈 行蘊論における定義。 出典: 浪花宣明(2008年) 『パーリ・アビダンマ思想の研究―無我論の構築』 (平楽寺書店)p.66 https://t.co/Sz9SJEmXAo
2019-02-10 10:51:00 [CJ]
RT @rekinavi: 【文化財】京都市内の登録有形文化財に指定されている近代建築物が、登録を抹消して次々に解体されている。17年9月、「平楽寺書店」店舗が文化財登録を市内で初めて抹消されたのをはじめ、若林佛具店、同志社フレンドピースハウスの少なくとも3件の解体が明らかにな…