詩仙堂(しせんどう) - 京都の観光情報:丸竹夷|京都の寺社仏閣、京都のイベント情報


詩仙堂(しせんどう)

詩仙堂

洛北にある詩仙堂(しせんどう)です。

詩仙堂は、徳川家康の家臣であった石川丈山が隠棲した山荘で、丈山寺という名の曹洞宗の寺です。建物、庭園は創建当時の姿を残しています。その名の由来は中国の詩歌三十六人の肖像を狩野探幽に描かせた「詩仙の間」を中心としているとこらからそう呼ばれています。庭園には、凹凸か十境、又は十二景を見立てており、詩仙の間の趣向とともに、丈山の文人趣味が強くあらわれています。

見 所

石川丈山自身により設計された庭は四季折々に楽しむことができ、特に5月下旬頃のサツキと秋の紅葉が有名で観光客で賑わいます。庭園にはししおどしがあり、その音を楽しむことができます。

住 所

京都市左京区一乗寺門口町27

連絡先

075-781-2954

時間等

休観日:5月23日
拝観時間:9:00-17:00(受付16:45)

料金等

拝観料:大人500円

ホームページ
http://www.kyoto-shisendo.com/

詩仙堂:ギャラリー


詩仙堂の地図

最近の「詩仙堂」を含むつぶやき

つぶやきはありません。