三十三間堂(さんじゅうさんげんどう) - 京都の観光情報:丸竹夷|京都の寺社仏閣、京都のイベント情報


三十三間堂(さんじゅうさんげんどう)

三十三間堂

東山区にある三十三間堂(さんじゅうさんげんどう)です。

三十三間堂は、本堂の内陣の柱間が三十三あるためにその名で呼ばれていますが、正式には蓮華王院という名の天台宗の寺院です。1164年に上皇が平清盛に命じてこの場所に造らせましたものです。

当時は五重の搭や不動堂など壮大なものでしたが、 度重なる震災で本堂だけが残り、その本堂も1266年に再建されたものです。

見 所

堂内をびっしりと埋め尽くすようにして立つ1001体の千手観音像です。撮影禁止で写真は掲載できませんが、その迫力に圧倒されます。
長い縁側を使って新成人たちによる全国弓道大会が毎年開催されています。

住 所

京都市東山区三十三間堂廻町657

連絡先

075-561-0467

時間等

拝観日:年中無休
拝観時間:8:00-17:00/冬季:11月16日-3月 9:00-16:00(受付終了は30分前)

料金等

拝観料:一般600円/高校中学400円/子供300円

ホームページ
http://sanjusangendo.jp/

三十三間堂:ギャラリー


三十三間堂の地図

最近の「三十三間堂」を含むつぶやき

2021-09-24 01:48:50 [とっとん]
RT @j_butsuzo: 【京都・三十三間堂/千体千手観音(平安~鎌倉)】千体立像が揃ってみられるのは特別イベント時のみ。常に数体修復か美術館貸し出しで外出しており、不在観音の場所には看板が掲げられる。坐像の裏に千二体目の室町に作成された観音像あり。 https://t.c
2021-09-24 01:46:13 [たっか〜や]
RT @j_butsuzo: 【京都・三十三間堂/千手観音坐像(1254年)】現在の像は2代目。初代の像は1249年の火災の際に首と左腕を残して焼失。初代を模して運慶の長男、湛慶によって造られた。張りのある顔、温雅な表情は湛慶の特徴的作風とされている。 https://t.co
2021-09-24 01:31:06 [柚乃木星菜@さらにいくつもの片隅に]
RT @j_butsuzo: 【京都・三十三間堂/千体千手観音(平安~鎌倉)】千体立像が揃ってみられるのは特別イベント時のみ。常に数体修復か美術館貸し出しで外出しており、不在観音の場所には看板が掲げられる。坐像の裏に千二体目の室町に作成された観音像あり。 https://t.c
2021-09-24 01:23:48 [天台宗 光丸山 法輪寺【公式】]
RT @j_butsuzo: 【京都・三十三間堂/千手観音坐像(1254年)】現在の像は2代目。初代の像は1249年の火災の際に首と左腕を残して焼失。初代を模して運慶の長男、湛慶によって造られた。張りのある顔、温雅な表情は湛慶の特徴的作風とされている。 https://t.co
2021-09-24 01:09:47 [錦鯉]
京の 京の 大仏つぁんは 天火で焼けてなァ 三十三間堂が 焼け残った ありゃ ドンドンドン こりゃ ドンドンドン
2021-09-24 01:04:10 [ドルンカーク]
RT @j_butsuzo: 【京都・三十三間堂/千手観音坐像(1254年)】現在の像は2代目。初代の像は1249年の火災の際に首と左腕を残して焼失。初代を模して運慶の長男、湛慶によって造られた。張りのある顔、温雅な表情は湛慶の特徴的作風とされている。 https://t.co
2021-09-24 01:03:52 [はにわ]
RT @j_butsuzo: 【京都・三十三間堂/千手観音坐像(1254年)】現在の像は2代目。初代の像は1249年の火災の際に首と左腕を残して焼失。初代を模して運慶の長男、湛慶によって造られた。張りのある顔、温雅な表情は湛慶の特徴的作風とされている。 https://t.co
2021-09-24 00:56:52 [萩子]
RT @j_butsuzo: 【京都・三十三間堂/千手観音坐像(1254年)】現在の像は2代目。初代の像は1249年の火災の際に首と左腕を残して焼失。初代を模して運慶の長男、湛慶によって造られた。張りのある顔、温雅な表情は湛慶の特徴的作風とされている。 https://t.co
2021-09-24 00:56:25 [星野流人(ほしの ると)]
京都府 金閣寺、三十三間堂、伏見稲荷大社などに来訪。自分が平成最後に行った水族館は、京都水族館。あとりゅうおうのおしごとに登場するということから、嵐山にも行ったことがある。天龍寺の庭園が素晴らしすぎてかなり感動した。自分に庭園を見て感動することができるんだとかなり驚いた
2021-09-24 00:49:18 [🌞Lulue Triellis🌦]
RT @j_butsuzo: 【京都・三十三間堂/千体千手観音(平安~鎌倉)】千体立像が揃ってみられるのは特別イベント時のみ。常に数体修復か美術館貸し出しで外出しており、不在観音の場所には看板が掲げられる。坐像の裏に千二体目の室町に作成された観音像あり。 https://t.c
2021-09-24 00:49:16 [長谷弓 滋 (はせみ しげる)京都撤退戦前夜?]
@morinaha_bot ちょっと憂いを帯びてるように見えます。 ヘレニスムの神々を思い出させる。不思議。 解説、妙法院が門跡寺院であることや、三十三間堂との関係とかはスルーなのね。
2021-09-24 00:47:17 [🍃浮き草🍃]
RT @j_butsuzo: 【京都・三十三間堂/千体千手観音(平安~鎌倉)】千体立像が揃ってみられるのは特別イベント時のみ。常に数体修復か美術館貸し出しで外出しており、不在観音の場所には看板が掲げられる。坐像の裏に千二体目の室町に作成された観音像あり。 https://t.c
2021-09-24 00:43:25 [志木]
RT @j_butsuzo: 【京都・三十三間堂/千体千手観音(平安~鎌倉)】千体立像が揃ってみられるのは特別イベント時のみ。常に数体修復か美術館貸し出しで外出しており、不在観音の場所には看板が掲げられる。坐像の裏に千二体目の室町に作成された観音像あり。 https://t.c
2021-09-24 00:42:14 [h848382311]
RT @j_butsuzo: 【京都・三十三間堂/千体千手観音(平安~鎌倉)】千体立像が揃ってみられるのは特別イベント時のみ。常に数体修復か美術館貸し出しで外出しており、不在観音の場所には看板が掲げられる。坐像の裏に千二体目の室町に作成された観音像あり。 https://t.c
2021-09-24 00:41:00 [h848382311]
RT @j_butsuzo: 【京都・三十三間堂/千手観音坐像(1254年)】現在の像は2代目。初代の像は1249年の火災の際に首と左腕を残して焼失。初代を模して運慶の長男、湛慶によって造られた。張りのある顔、温雅な表情は湛慶の特徴的作風とされている。 https://t.co