法住寺(ほうじゅうじ) - 京都の観光情報:丸竹夷|京都の寺社仏閣、京都のイベント情報


法住寺(ほうじゅうじ)

法住寺

東山にある法住寺(ほうじゅうじ)です。

法住寺は、平安時代中期に藤原為光によって創設され、その後院政期にはこの寺を中心に後白河上皇の宮廷「法住寺殿」が行われましたが、寿永2年(1183年)にその法住寺殿が木曾義仲によって焼き討ちされた法住寺合戦が起こりました。
境内の身代不動明王像は、法住寺合戦の放火のさいに、上皇の身代わりとなったと伝えられています。
また、大石内蔵助がこの法住寺に参拝したと伝えられており、その縁から四十七士木造も安置されています。

住 所

京都市東山区三十三間堂廻り655

連絡先

075-561-4137

時間等

拝観時間:6:00〜17:00

料金等

拝観料:500円

法住寺:ギャラリー


法住寺の地図

最近の「法住寺」を含むつぶやき

2021-06-19 13:09:07 [もちぶつ(望月信亨等編『仏教大辞典』)bot]
無象静照は入元し、文永2年石渓心月の禅を伝へて帰朝し、京都仏心寺、丹波宝林寺、常陸興禅寺等を創め、執権貞時の請に応じて浄智寺に住し、禅化を揚ぐ。其の法系を法界派と称す。
2021-06-18 23:08:20 [異次元剣士・たっくん❤]
一方で、法住寺を笑った松の木が私の人々を飾ってくれることは明らかです♪
2021-06-18 07:39:07 [もちぶつ(望月信亨等編『仏教大辞典』)bot]
南浦紹明は初め建長寺に蘭渓道隆に参じ、正元年中入宋して径山に上り、虚堂智愚の法を嗣ぎ、文永4年帰朝の後崇福寺に住し、後万寿、正観、建長寺等を主り、大応派と称せられたり。嗣法に通翁鏡円、峰翁祖一。宗峰妙超、可翁宗然、物外可什、月堂宗規等の諸哲あり。
2021-06-18 04:39:07 [もちぶつ(望月信亨等編『仏教大辞典』)bot]
大拙祖能は所謂大拙派の祖にして至正2年入元し、千巌元長の法を得て延文3年帰朝し、後建長、天龍寺等に歴住して法化を敷揚せり。
2021-06-18 01:09:07 [もちぶつ(望月信亨等編『仏教大辞典』)bot]
大休正念は亦心月の法を得、文永6年来朝し、北条時宗の帰崇を受けて建長、円覚、寿福寺等の諸大寺に歴住し、其の門葉は大休派と称せらる。
2021-06-17 21:53:01 [Freiheit]
@jdBLMhGONv6VwbL 国立博物館や法住寺さまへ行く時には、このあたり歩いています。 緊急事態宣言も解除されるようなので、久しぶりに…。
2021-06-17 19:14:15 [巴御前]
かつて後白河院の御所でもあった法住寺には、当時の御本尊の不動明王像が伝来しており、いつでも拝観することができます。これは我ら木曾勢が法住寺を攻撃しました折、後白河院の身代わりに立って矢を受けたとされる「身代わり不動様」です。チッ余計なこt(このツイートは削除されました)
2021-06-17 10:20:10 [シウイアナニクス]
RT @szgmt: 【法多山を楽しげな歌に 磐田出身・コクーさんが曲を披露 |中日新聞】 袋井市の古刹(こさつ)、法多山尊永寺を題材にした歌「だんごくうかい」を、磐田市出身のシンガー・ソングライター、コクー(本名・鈴木大司)さん(47)が作詞・作曲し、同寺で住... http…
2021-06-17 10:05:03 [静岡ジン]
【法多山を楽しげな歌に 磐田出身・コクーさんが曲を披露 |中日新聞】 袋井市の古刹(こさつ)、法多山尊永寺を題材にした歌「だんごくうかい」を、磐田市出身のシンガー・ソングライター、コクー(本名・鈴木大司)さん(47)が作詞・作曲し… https://t.co/xXPcaUFmQr
2021-06-17 05:39:04 [もちぶつ(望月信亨等編『仏教大辞典』)bot]
大拙祖能は所謂大拙派の祖にして至正2年入元し、千巌元長の法を得て延文3年帰朝し、後建長、天龍寺等に歴住して法化を敷揚せり。
2021-06-17 03:09:07 [もちぶつ(望月信亨等編『仏教大辞典』)bot]
愚中周及は夢窓疎石、春屋妙葩等に参じ、暦応3年入元して即休契了の法を伝へ、観応2年帰朝して摂津棲賢寺、丹波天寧寺、紀伊龍門庵等に住し、応永4年小早川氏の帰依を受けて安芸に仏通寺を創建し、其の下覚隠信知、宗綱恵統、諾渓清唯等出でて祖塔を守り、愚中派(仏通寺派)と称せられ法系今に至り
2021-06-16 21:07:35 [奈倉まゆみ@草庵(別亭):アンソロよろしく]
後白河さんひそかに好きなので、法住寺は為光が創建したってのも、ちょっと熱い。
2021-06-16 18:14:38 [Masakazu Mikuriya]
法住寺に写真を投稿しましたhttps://t.co/F5N6NSjFD1
2021-06-16 16:09:12 [もちぶつ(望月信亨等編『仏教大辞典』)bot]
退耕行勇は建仁第2世の席を補し、後鎌倉寿福寺に住し、又執権北条泰時の帰依を受けて浄妙、東勝の二刹を開く。其の門に大歇了心あり、入宋して法を得、帰朝の後、寿福、建仁の両刹を董し、楞伽心書を著す。
2021-06-15 21:35:12 [関野泰宏]
@aoixx201 徳田さんのお名前素敵ですね。 僕は、京都の法住寺さんという、お寺で名字と生年月日をみて、つけてもらいました。ひろく生きるように!泰宏。