高松神明社(たかまつしんめいじんじゃ) - 京都の観光情報:丸竹夷|京都の寺社仏閣、京都のイベント情報


高松神明社(たかまつしんめいじんじゃ)

高松神明社

姉小路通釜座東入るにある高松神明神社(たかまつしんめいじんじゃ)です。

醍醐天皇の子・源高明の邸宅でした。平安時代後期には後白河天皇の内裏となります。

境内には、地蔵尊、金比羅神社をはじめとする末社がありましたが、元治元年の「蛤御門の変」による大火によりことごとく焼失し、現在祭神は天照大神・八幡大神・春日大神を祀り、開運厄除けの神さんとして信仰を集めています。

住 所

京都市中京区姉小路釜座御池下る津軽町790

連絡先

075-231-8386

時間等

拝観時間:境内自由

料金等

拝観料:無料


高松神明社の地図

最近の「高松神明社」を含むつぶやき