扇塚(おうぎづか) - 京都の観光情報:丸竹夷|京都の寺社仏閣、京都のイベント情報


扇塚(おうぎづか)

扇塚

五条大橋にある扇塚(おうぎづか)です。

その昔、五条大橋の畔には時宗御影堂がありました。一ノ谷の合戦で平敦盛が亡くなると、その妻は蓮華院尼と名乗り、寺僧とともにこの地で扇をつくったそうです。扇型の石碑は扇の発祥と、敦盛の悲話を伝えています。

住 所

京都市下京区西木屋町五条上る南橋詰町


扇塚の地図

最近の「扇塚」を含むつぶやき

2019-01-17 13:10:39 [京都・観光文化検定studybot]
【誓願寺】新京極/迷子道しるべ(月下氷人石)/扇塚/落語の祖 安楽庵策伝 醒睡笑(落語のもととなる)/洛陽六阿弥陀めぐり/山脇東洋墓 #kyoto
2019-01-11 05:04:09 [細波慧]
・・・・・・あのですね、頭領。 狐ノ塚はともかく、扇七郎にはそんなこだわることないと思うんですよ。
2019-01-10 23:23:53 [福神研究所(ふくじんけんきゅうじょ)]
RT @thaya2222: 東叡山寛永寺弁天堂,今日は弁天島の縁をあえて廻った,たくさんの供養塚があって面白かった,魚塚,鳥塚,包丁塚はよく見るが,扇塚,いと塚,めがね之碑,暦塚,スッポン感謝之塔まであった,人間の為に利用された物や生き物への供養の気持ち,ここはそうした気持ち…