長講堂(ちょうこうどう) - 京都の観光情報:丸竹夷|京都の寺社仏閣、京都のイベント情報


長講堂(ちょうこうどう)

長講堂

六条通り富小路にある長講堂(ちょうこうどう)です。

長講堂は、平安時代末期の寿永二年(1183)、後白河法皇が西洞院六条にあった近臣・平業忠の邸宅を譲り受けて築いた院御所・六条西洞院殿(六条御所)内に建立された持仏堂で、六条長講堂と呼ばれました。

創建は寿永二-元暦元年(1183-84)頃と考えられ、正式名称は「法華長講弥陀三昧堂」といいます。

住 所

京都市下京区富小路六条本塩竈町

連絡先

075-351-5250

時間等

拝観日:通常非公開(特別公開される場合あり)


長講堂の地図

最近の「長講堂」を含むつぶやき

2019-08-18 04:10:00 [人妻*熟女❤オフパコ裏垢まとめ@ハメ撮り]
京都府のセフレ希望 オススメ女性情報はこちら💜 名💠愛美♀(32) 職💠栄養士 趣💠ボーリング 域💠「長講堂」周辺 好💠橋本ありな💝動画 🗯エロい詳細情報は|プロフURL|からアクセス❣ 8/18 04:10頃書込 ※四国… https://t.co/rfCM4CK4a0
2019-08-11 13:21:39 [士-SAMURAI-]
明徳の和約の内容は次の4つ。・南朝の後亀山天皇より北朝の後小松天皇への「譲国の儀」における神器の引渡しの実施。 ・皇位は両統迭立とする ・国衙領を大覚寺統の領地とする。 ・長講堂領を持明院統の領地とする。 https://t.co/ZUiVNVQXnF