大老土井利勝屋敷跡(たいろうどいとしかつやしきあと) - 京都の観光情報:丸竹夷|京都の寺社仏閣、京都のイベント情報


大老土井利勝屋敷跡(たいろうどいとしかつやしきあと)

大老土井利勝屋敷跡

油小路通り押小路下るにある大老土井利勝屋敷跡(たいろうどいとしかつやしきあと)の石碑です。

土井利勝(1573〜1644)は、徳川二代将軍秀忠の生まれた時から秀忠に仕え、慶長15年(1610年)老中となり、三代将軍家光にも重用され寛永10年(1633年)大老となった人物です。

土井利勝が、度々上洛して朝廷と交渉にあたった時の京邸跡を示すものです。

住 所

京都市中京区油小路通押小路下る西側

大老土井利勝屋敷跡:ギャラリー


大老土井利勝屋敷跡の地図

最近の「大老土井利勝屋敷跡」を含むつぶやき