聖護院門跡(しょうごいんもんぜき) - 京都の観光情報:丸竹夷|京都の寺社仏閣、京都のイベント情報


聖護院門跡(しょうごいんもんぜき)

聖護院門跡

聖護院にある聖護院門跡(しょうごいんもんぜき)です。

聖護院門跡は、寛治四年(1090)に増誉大僧正が白河上皇の熊野御幸の先達を勤めた功績により、寺を賜ったのが始まりです。後白河天皇の皇子・静恵法親王が入寺したことで宮門跡となりました。

御所炎上の際には、天皇が仮皇居とされたため、「聖護院旧仮皇居」として国の史跡に指定されています。通常は葉書で予約しないと拝観できません。

見 所

数々の仏像はもとより、狩野派の絵師による150面以上の障壁画が現存しているため、建物の内部はほぼ障壁画と言えるほどです。また、どうやって手入れをしているのか想像もつかない、市松模様に白砂が敷き詰められた枯山水のお庭があります。

住 所

京都市左京区聖護院中町15

連絡先

075-771-1880

時間等

拝観日:葉書にて要予約
拝観時間:10:00-/14:00-

料金等

拝観料:600円

ホームページ
http://www.shogoin.or.jp/

聖護院門跡の地図

最近の「聖護院門跡」を含むつぶやき

2019-05-26 15:20:57 [非公式太秦その@京都交通・社寺用語解説等]
【十三宮門跡一覧】 …  輪王寺(日光市) 妙法院 聖護院 照高院(廃絶) 青蓮院 三千院 曼殊院 毘沙門堂 円満院(大津市) 仁和寺(門跡筆頭) 大覚寺 勧修寺 知恩院