音無の滝(おとなしのたき) - 京都の観光情報:丸竹夷|京都の寺社仏閣、京都のイベント情報


音無の滝(おとなしのたき)

音無の滝

大原にある音無の滝(おとなしのたき)です。

音無の滝は声明の天才的演奏家であった聖応大師(良忍)が声明の練習をしていたとき、滝の音が音律に同調して音が消えて無くなったと言われ、この滝を「音無」と名付けたと言われています。

滝は二段になって一枚岩を流れ岩の表面に水が跳ね、何とも涼しげです。

見 所

途中、小さい滝があるためそこが音無の滝と勘違いしたまま帰る方も多いようですので間違いないように奥まで進んでください。観光地からほど近く、訪れる人も少ないのでゆっくりと癒しの時間が欲しい方におすすめです。

住 所

京都市左京区大原来迎院町

料金等

拝観料:無料

音無の滝:ギャラリー


音無の滝の地図

最近の「音無の滝」を含むつぶやき

2020-04-05 12:26:28 [Deep-impact]
RT @o2so5: 狂い咲く季節が止めどなく溢れる https://t.co/KJ4WvjUGsc 北区桜名所、名主の滝公園と名所江戸百景『飛鳥山北の眺望・王子稲荷乃社・王子音無川堰棣 世俗大瀧ト唱』 #さくら #桜 #名所江戸百景 #春 #飛鳥山北の眺望 #飛鳥山 #…
2020-04-05 12:08:48 [touringpleasure]
音無川と名主の滝公園。マスクを着用し人が大勢集まる場所を避けて運動不足を解消してきました。 https://t.co/ebngIQ7qFd