洛東(哲学の道)(てつがくのみち)|京都の観光情報:丸竹夷|京都の寺社仏閣、京都のイベント情報


洛東(哲学の道)

銀閣寺から永観堂を超え、南禅寺までを結ぶ道を総称して哲学の道と呼びます。日本の代表的な哲学者がよくこの道を歩き、思索にふけったことから命名されたと言われています。

地図で探す

▼プロット一覧

最近の「哲学の道」を含むつぶやき

2017-10-23 02:23:40 [元気博士]
忍苦とは、晴れ晴れした日の予感を抱き、現在をその日のために、どうしても歩まねばならぬ当然の道として、黙って進むことである。 ─串田孫一(哲学者) ☆何か目標があれば、そのためにコツコツと頑張らねばならない時があります。また、そのような目標のためなら、やり抜くこともできます。
2017-10-23 01:39:01 [断られないセールスマインド]
成功への道を切り拓いてゆこうとする人々のスタートはみじめなものである場合が少なくない。その上、途中では心もはり裂けんばかりの苦難にさいなまれなければならないのだ。だが、彼らが人生の転機をつかむのは、いつも最悪の事態の真っ只中だったのである。ナポレオン・ヒル『成功哲学』
2017-10-23 01:18:31 [車椅子社長春山満の美人秘書]
かつて、パスカルは、「俺たちは、どこからきたのか。俺たちは、何者か。俺たちは、どこへ行くのか」と、この命題を超える科学も哲学もないと言った。生きるとは、さらなる生きる道を探すこと。これが人生。【車椅子社長 / 春山満の魂のメッセージ】
2017-10-23 01:17:10 [脳内選択肢bot]
選べ ①今すぐ着ぐるみから出してくれと頼む ②雪平ふらのの『素』に関する記憶が、脳内から消去される ※ついでに、パソコン内の『哲学者への道』フォルダも消去される
2017-10-23 01:00:58 [イタチ]
哲学の道で試作に耽る学生になりてえ
2017-10-23 00:54:59 [m]
京都来てシリーズ…哲学の道 (描けるうちに描く) https://t.co/zo4FDcHJOJ
2017-10-23 00:33:40 [400%相互フォロー@名言bot]
人生は道路のようなものだ。 一番の近道は、 たいてい一番悪い道だ。 - フランシス・ベーコン - (英国の哲学者、神学者、法学者 / 1561~1626) #拡散希望
2017-10-23 00:32:13 [七々見奈波bot]
そうだ、哲学の道に行こう
2017-10-22 23:40:02 [ちゃん@劇場版BD早くほしい]
明日は朝には小降りのようなので夕方頃まで京都・宇治を巡るか。 ・京都市内は知識少ないけれど、ユーフォ背景回収メインかなあ。インクラインや哲学の道など。 ・宇治は三室戸からゆっくりと回るか。そうとう宇治川は水量ありそうだな
2017-10-22 23:35:52 [み〜&よう]
RT @tsuchiken_bot: 【ツチヤ本紹介】哲学者にならない方法(東京書籍)土屋先生がうっかり哲学に目覚め、官僚への道から外れてしまった大学時代を振り返った自伝的エッセイです。生い立ちや両親の教育にも触れ、いかにしてツチヤはツチヤになったのかが明かされている結構真面目…
2017-10-22 23:20:19 [彼氏いない系女子@関西]
"☆京都の紅葉ライトアップ 哲学の道 白沙村荘 銀閣寺 真如堂 金戒光明寺 法然院 安楽寺 霊鑑寺 光雲寺 永観堂 南禅寺 平安神宮 無鄰菴 長楽寺 円山公園 正伝永源院 高台寺 "
2017-10-22 23:13:36 [道家道学院]
老子の思想の根本にはタオ=道という考え方がある。https://t.co/SM0auvBI3o【健康で楽しく生きる。老子の実践哲学を体感しよう】
2017-10-22 23:11:42 [💓 りさこ 💓]
RT @onlycomposer: 資本主義社会の本質 人類の進むべき道 深い洞察や社会哲学的な思想がとても解りやすい言葉で書かれた 《秘密のたからばこ》 真似はできても超える事は不可能に思う https://t.co/eHgAsxCHPX
2017-10-22 23:03:15 [なおっぴ]
RT @onlycomposer: 資本主義社会の本質 人類の進むべき道 深い洞察や社会哲学的な思想がとても解りやすい言葉で書かれた 《秘密のたからばこ》 真似はできても超える事は不可能に思う https://t.co/eHgAsxCHPX
2017-10-22 23:00:15 [土屋賢二bot(ツbot)]
【ツチヤ本紹介】哲学者にならない方法(東京書籍)土屋先生がうっかり哲学に目覚め、官僚への道から外れてしまった大学時代を振り返った自伝的エッセイです。生い立ちや両親の教育にも触れ、いかにしてツチヤはツチヤになったのかが明かされている結構真面目な1冊。(ツbot)