千本ゑんま堂(せんぼんえんまどう) - 京都の観光情報:丸竹夷|京都の寺社仏閣、京都のイベント情報


千本ゑんま堂(せんぼんえんまどう)

千本ゑんま堂

千本通りにある千本ゑんま堂(せんぼんえんまどう)です。

千本ゑんま堂の正式寺名は引接寺(いんじょうじ)で、高野山真言宗に属するお寺です。正式な寺名よりも、通称の千本ゑんま堂の名で知られています。

本堂には、閻魔王坐像を本尊とし、脇侍を左に司命、右に司録を安置しています。

見 所

閻魔像(拝観500円)の他に、紫式部の供養塔や(わらべちゃん)の相性で親しまれている童観音(平成17年建立)があり、決して広くない境内ですが見所がたくさんあります。

住 所

京都市上京区千本通蘆山寺上ル閻魔前町34番地

連絡先

075-462-3332

時間等

拝観時間:9:00-17:00

料金等

境内拝観料:無料閻魔大王坐像拝観料:500円

ホームページ
http://yenmado.jp/

千本ゑんま堂:ギャラリー


千本ゑんま堂の地図

最近の「千本えんま堂」を含むつぶやき

2019-06-19 12:31:13 [非公式太秦萌@少し寂しい/京都社寺解説も]
引接(いんじょう)寺(千本えんま堂) 乾隆校前停 化野、鳥辺野と並ぶ墓地、蓮台野にあります。1020年頃定覚が開基と伝わります。