木下順庵邸跡(きのしたじゅんあんていあと) - 京都の観光情報:丸竹夷|京都の寺社仏閣、京都のイベント情報


木下順庵邸跡(きのしたじゅんあんていあと)

木下順庵邸跡

錦小路通烏丸西入にある木下順庵邸跡(きのしたじゅんあんていあと)です。

木下順庵は京都生まれで、江戸時代前期の朱子学派の儒学者です。天和2年、幕府に仕えることになり江戸に定住し、林家以外の民間学者登用の道を開きました。後に「木門十哲」と呼ばれる室鳩巣、新井白石、柳川震沢、榊原篁州などを育成したと言われています。

住 所

京都市中京区錦小路通烏丸西入南側


木下順庵邸跡の地図

最近の「木下順庵邸跡」を含むつぶやき

2019-01-11 15:56:53 [Shu]
バ先付近に木下順庵邸跡ってのあった