祇園祭占出山(うらでやま) - 京都の観光情報:丸竹夷|京都の寺社仏閣、京都のイベント情報


祇園祭占出山(うらでやま)

祇園祭占出山

錦通室町東入るにある占出山(うらでやま)です。

神功皇后が備前国松浦で鮎を釣って戦勝の兆しとしたという説話から鮎釣山とも呼ばれています。
神功皇后は古くから安産の神として祀られていて、宵山の日には安産のお守りとして腹帯が授与されます。

住 所

京都市中京区錦小路室町東入占出山町

料金等

ちまき:400円


祇園祭占出山の地図

最近の「祇園祭占出山」を含むつぶやき

2021-11-29 22:50:37 [鮎☯ぱく旅か6⛩️🌏⚓甲甲甲]
○太極殿本舗・若あゆ 削った理由:季節限定品、あと公式通販ショップが見当たらない たぶんその季節になったら高島屋とかのデパート通販店とかで見かけるんじゃないかなーと思います。 若鮎のお菓子は数多くあれど、ここのが一番美味しい!祇園祭の占出山に出されてる吉兆あゆはここのお菓子。
2021-11-24 18:10:38 [京都・観光文化検定studybot]
【祇園祭の料理】鱧料理/鯖寿司/鱧祭/切り口が八坂神社の紋に似ているためきゅうりを食べない/稚児餅/行者餅 役行者山/鮎 占出山/粽は食べられない、飾り物/ #kyoto