本間精一郎遭難之地(ほんましょういちろう) - 京都の観光情報:丸竹夷|京都の寺社仏閣、京都のイベント情報


本間精一郎遭難之地(ほんましょういちろう)

本間精一郎遭難之地

木屋町四条上るにある本間精一郎(ほんましょういちろう)遭難之地の石碑です。

本間精一郎は越後の商家に生まれ、江戸に出て勘定奉行川路聖謨に仕えました。その後京都に移り尊攘派浪士の中心的存在になりました。しかし、同志達から誤解を招き、文久2年、木屋町で土佐の岡田以蔵らに斬られました。享年29歳。
石碑は本間精一郎が遭難した地を示すものです。

住 所

京都市中京区木屋町通四条上ル東側


本間精一郎遭難之地の地図

最近の「本間精一郎遭難之地」を含むつぶやき