書家岸駒居住地の石碑(がんぐ) - 京都の観光情報:丸竹夷|京都の寺社仏閣、京都のイベント情報


書家岸駒居住地の石碑(がんぐ)

書家岸駒居住地の石碑

東洞院丸太町を下った所にある書家岸駒(がんぐ)居住地の石碑です。

岸駒は江戸後期に京都を中心に活躍した絵師で、虎の絵を得意としていたそうです。
清水寺の仁王門の階段を上がったところにある岸駒灯籠(がんくとうろう)等を手がけたそうです。

住 所

京都市中京区東洞院通り丸太町下る三本木町


書家岸駒居住地の石碑の地図

最近の「書家岸駒居住地の石碑」を含むつぶやき