旧二条城跡(きゅうにじょうじょうあと) - 京都の観光情報:丸竹夷|京都の寺社仏閣、京都のイベント情報


旧二条城跡(きゅうにじょうじょうあと)

旧二条城跡

室町通下立売角にある旧二条城跡(きゅうにじょうじょうあと)の石碑です。

旧二条城は、永禄12年(1569)に織田信長により、室町幕府15代将軍足利義昭の将軍座所として築かれました。室町通の角の石碑を中心に390m四方の敷地に二重の堀や三重の天主を備えた城だったようです。四方に石垣を高く、内装は金銀を散りばめ、庭には泉、築山が構えられた豪華な城郭だったと言われています。

その後、信長は義昭を追放し東宮誠仁親王を迎え入れ、二条御所として使われていましたが、室町幕府の滅亡と共に廃城となり、天正4年(1576)に取り壊されました。

住 所

京都市上京区室町通下立売角


旧二条城跡の地図

最近の「旧二条城跡」を含むつぶやき

2019-02-18 11:06:50 [平 資盛]
【旧二条城跡/室町下立売】 足利義輝の二条御所跡。 織田信長が足利義昭の居城として造営。https://t.co/PoJUXUSIDY