祇園祭四条傘鉾(しじょうかさぼこ) - 京都の観光情報:丸竹夷|京都の寺社仏閣、京都のイベント情報


祇園祭四条傘鉾(しじょうかさぼこ)

祇園祭四条傘鉾

四条通西洞院西入るにある四条傘鉾(しじょうかさぼこ)です。

四条通最西端にある山鉾として祇園祭の山鉾の中で最も古い形態を残す傘鉾のひとつです。傘の上には、赤幣と若松を飾っており、この傘の下に入ると、疫病にかからないと言われています。
明治4年以降長く途絶えていましたが、昭和60年に傘鉾本体が114年ぶりに再興され、さらに昭和63年には巡行に欠かせない踊りと囃子(はやし)が復元巡行することになりました。

住 所

京都市下京区四条通西洞院西入傘鉾町

料金等

ちまき:500円


祇園祭四条傘鉾の地図

最近の「祇園祭四条傘鉾」を含むつぶやき

2023-01-30 23:19:59 [*月夜の烏丸*]
そういえば去年の祇園祭で芦刈山さんの小袖(信長公寄進。去年復元された)見れてないのよね…今年こそは見たい。 あと本能寺のあった場所想定地からは蟷螂山・四条傘鉾・郭巨山のほうが近いのだけど、芦刈山にしたのはサイズ的なのもあるかもだが、謂れとご利益やらもあるのかなー…と思ったり。