行願寺(革堂)(ぎょうがんじ こうどう) - 京都の観光情報:丸竹夷|京都の寺社仏閣、京都のイベント情報


行願寺(革堂)(ぎょうがんじ こうどう)

行願寺(革堂)

寺町竹屋町にある行願寺 革堂(ぎょうがんじ こうどう)です。

行願寺は西国観音霊場19番の札所で、平安中期行円上人によって創建されました。
別名「革堂」と呼ばれているのは、円上人がいつも鹿の革を身に着けていたからだそうです。
千年の歴史を持ちながらも相次ぐ戦乱や大火で場所を変え、今の場所に落ち着いたのは三百年ほど前だそうです。

住 所

京都市中京区寺町通竹屋町上る行願寺門前町17

連絡先

075-211-2770

時間等

拝観時間:8:00-16:30

料金等

拝観料:無料

アクセス
0.0026565776499964
市バス 「 河原町丸太町 」
0.0037869949395366
市バス 「 京都市役所前 」
※地図上の直線距離で一番近い交通機関を自動で表示しています。実際の最寄り駅・バス停と異なる場合があります。

行願寺(革堂):ギャラリー


行願寺(革堂)の地図

近くのスポット

0.0008766647021534
0.0017938542304217
0.0018384150782714
0.0024321397986103
0.0029604575659841
0.0031186727946522
0.0041060004870993
0.0042626085909962

近くの店

Restaurant 信
京都府京都市中京区寺町竹屋町下ル久遠院前町667-1
契約農家の無農薬野菜 特別な日のお祝いにも
火~日、祝日、祝前日: 11:30~14:30 (料理L.O. 13:30)18:00~22:00 (料理L.O. 20:30)
YURURI ユルリ
京都府京都市中京区河原町通竹屋町上ル大文字町239
京野菜を使った和食コース 新鮮な京野菜を使った和食
月~日、祝日、祝前日: 11:30~14:30 (料理L.O. 14:00 ドリンクL.O. 14:00)17:00~翌0:00 (料理L.O. 23:10 ドリンクL.O. 23:10)
ilifune イリフネ
京都府京都市上京区新椹木町通丸太町下ル東土御門町347
■牧場から直送のお肉が◎ ■深夜3時まで営業☆
月~日、祝日、祝前日: 18:00~翌3:00 (料理L.O. 翌2:30 ドリンクL.O. 翌2:30)
レストラン ドルチ restaurant DOLCH
京都府京都市中京区毘沙門町553 御幸町ビル101
ゆかりのある土地の野菜を 記念日のデザートには
火~日、祝日、祝前日: 11:30~15:00 (料理L.O. 14:00)18:00~23:00 (料理L.O. 21:00)

近くの宿

京都モーリスホステル
京都市役所から徒歩7分、隠れ家的でスタイリッシュなゲストハウス
京都御所から徒歩7分、御所から3分。古美術商の並ぶ寺町と河原町にはさまれた閑静な立地。地下鉄、バス等の公共交通機関にも近く京都観光に最適な立地。
SEIBIDO INN
海外のお客様が多く訪れ、様々な言語で会話を楽しんでいただけます
2015年12月にオープン。地下鉄京都市役所前駅から徒歩5分。和室とドミトリールームを提供しています。客室にはエアコン、冷蔵庫、ヘアドライヤーが備わり。コンシェルジュサービスを利用できます。
お宿いしちょう
市内中心に近く木戸孝允屋敷跡に建つ宿で、観光、散策に便利です!
地下鉄・京都市役所前駅から徒歩約7分、市バス河原町丸太町バス停徒歩3分など京都観光にはうってつけの場所に建ちます。静かな環境にあって、お守り袋など京小物の手作り体験などでお寛ぎいただけます。
棗庵
鴨川のほとり。 悠久の歴史の中で厳として佇む。
空間造りには伝統的な工法を取り入れつつも、現代の素材に置き換え、京町家の伝統的な良さと現代人の住み心地の調和を目指し、古き良き家屋で暮らす様にご宿泊して頂ける一棟貸切の宿泊施設です。

最近の「行願寺(革堂)」を含むつぶやき

2017-05-26 14:50:15 [清風]
因みに革堂は天台宗 六角堂も天台宗だけど、革堂の方がいい(^ω^) 革堂は行願寺 六角堂は頂法寺 革堂の開基が一般人だからかな 六角堂は聖徳太子
2017-05-24 12:39:05 [じーめ]
I'm at 革堂 行願寺 in 京都市, 京都府 https://t.co/rZNax7t7ia
2017-05-21 15:31:36 [非公式太秦その@京都社寺案内bot]
革堂(こうどう・行願寺) 【西国33カ所】 河原町丸太町停 1004年行円が創建しました。もと狩人でしたが身ごもった雌鹿を射たとき、その腹から子鹿が誕生するのを見て殺生の愚かさを悟り出家した僧で、常にその鹿の皮を身に着けていたことから皮聖と呼ばれました。1708年現在地に移転。